トップページ
更新情報
注文する
注文の前にお読みください
各地への送料
支払い方法
洋ラン初心者の方に読んで頂きたいページです
洋らん関係資材
当園の概要
当園までの地図
当園への問い合わせ
当園で取り扱っているクレジットカード
JCB VISA
DC マスターカード
アメックス ダイナース
UC NICOS
イオンクレジット クレディセゾン
UFJ TOP & カード
JCB、VISA、DC、マスター、アメックス、ダイナース、UC、NICOS、イオンクレジット、セゾン、UFJ、TOP&カードの計12社
クロネコ@ペイメント
  • 洋蘭の植え替えは基本的には水苔のみを使用して行います。(その際、水はけを良くするために鉢の底に鉢のかけらや、ハッポウスチロールのかけらを入れても良いでしょう)
  • 植え替えは2年に1回は必ず行わなければなりません。
  • 植え替え後は、発根を促すために2週間ほど水を控え(霧吹きだけは毎日しても良い)、日陰に置きます。
  • 肥料は成長期の4月〜7月までとし、他の時期は与えてはいけません。
  • 植え替えの適期は、春、リードバルブから新芽が少し顔を出した頃です。
植え替え時に必要な道具
園芸用ハサミ、食事用ナイフ(いらなくなった古い物)、バーナー(道具消毒用、カセットコンロでも良い)
ナイフを鉢の側面に沿って突き刺します。(突き刺す前に必ず焼いて消毒してください)
鉢に刺したナイフを、鉢の中心に向かって少し倒します。この2と3の作業を鉢の回り、数ヶ所に行います。
バルブを数本指で挟むように持ち、株を鉢から引き抜きます。抜きにくい時は、鉢を割るか、2と3の作業をもう数ヶ所行ってください。
株が大きい場合や、リードが2方向に伸びている場合は、ハサミで分けます。ハサミは使う前に必ず焼いて消毒してください。
分ける時は、先頭から数えて最低でも3〜4本バルブを確保してください。バルブ数が少ないと株の成長に影響が出ます。
傷んでいる根や、黒く変色している水苔は取り除きます。
軽く湿った水苔を、黄色の線の方向になるべく長く束ねて掴み取ります。
株の先頭部分より株の根元を埋めないように水苔を巻きつけていきます。この時、なるべく先頭部分に多く水苔が来るように巻きます。
10 巻いた水苔の直径が鉢の直径の1.5倍位になるまで巻きます。1回で足りない場合は、数度巻いて下さい。
11 株の後ろ部分を手前に両手で持ち、素焼き鉢に、株の後ろ部分から親指で押しこみます。
12 親指を其処に添えたまま、今度は人差し指と中指で株の先頭部分を鉢の中に押し込みます。
13 最後に鉢の回りの水苔を押し込み、表面を整えます。この時、押さえるのは鉢の回りのみです。
14 完成です。この時、先頭部分に(成長するために)鉢の直径の1/3位のスペースが空いているのが理想的です。
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
前頁に戻る
洋蘭 洋ラン 洋らん orchid